NEWS

<ベッドルーム大衆音楽>追加公演 ライブレポート公開!

<ベッドルーム大衆音楽>追加公演
12月20日(月)@Spotify O-EAST

WurtSのサプライズ出演でも会場を沸かせたバンド初のツアーファイナル ライブレポート
「エゴイスティックな私に、どうかついてきてください。」


テキスト:天野史彬
写真:マスダレンゾ


不器用で正直な魂の疾走。この日、この場所で起こったことに対して、「共感」とか、「一体感」とか、そういう安直な表現は似合わない。どちらかと言えば、「ぶっ飛ばされる」とか、「巻き込まれる」とか、そんな粗野な表現の方がよく似合う。それだけ、彼らは「ありのまま」で目の前にいた。活動を開始してから2年、ほとんど素性は明かしてこなかったバンドが、あまりにも獰猛で剥き出しな姿をステージの上から私たちに見せている――その事実に、驚いた。12月20日、渋谷Spotify O-EASTにて行われた、PEOPLE 1のワンマンライブ。10月より東名阪を回ったバンド初の全国ツアー「ベッドルーム大衆音楽」の追加公演として開催されたこの日のライブは、PEOPLE 1としては通算5度目のライブだった。

曲のタイトルでもある「113号室」のネオンが輝くステージ上には、Deu、Ito、TakeuchiというPEOPLE 1のメンバー3人に、サポートメンバーであるHajime Taguchi(B, G)、ベントラーカオル(Key, G)を加えた5人が立った。開演時間を少し過ぎて、ステージに5人が現れると、“東京”のイントロをサンプリングしたSEが流れ、“アイワナビーフリー”が始まる。ライブ序盤は、とにかく「エゴイスティック」――ライブ終盤でDeu自身が口にしたそんな言葉が似合うような展開だったと言えるだろう。2曲目の“さよならミュージック”を演奏し終えると、唐突にDeuが「ケータイのライトで明かりつけようぜ」と観客を促し、フロアのあちこちで光るライトに照らされる中で“東京”を披露。こういうロマンチックな演出は中盤から終盤にとっておくのが定石なような気もしたが、きっと本人たちにとってそんな予定調和はどうでもいいのだろう。“東京”の演奏を終えると、軽い自己紹介MCを挟み、ポップなパンクソング“イマジネーションは尽きない”へ。メロディアスな名曲“東京”の余韻を一気に断ち切るように、Deuはハンドマイクで動きまくり、エナジェティックなパフォーマンスを繰り広げる。演奏は、オーディエンスのハンドクラップも重なった“BUTTER COOKIES”、そして“スクール!!”へと続いていく。まずは軽くジャブを打とうとか、そういう気の利いた流れは微塵も考えていないような様子で、とにかく1曲1曲が重いストレートのようにぶつけられていく。粗さもある。だが、ステージ上で次々生まれるエネルギーの爆発、1曲1曲の圧倒的な曲の強度とパフォーマンスの訴求力の高さに、自ずと耳と目は奪われる。このリアルさ、この嘘のなさ、この切実さ……「ああ、これがPEOPLE 1なのか」と、驚きと納得が入り混じった感情に襲われる。

2019年の暮れに活動を開始したPEOPLE 1は、現時点での主な活動期間がコロナ禍と重なったことや、活動開始以来、Deu、Ito、Takeuchiの3名から成る3ピースであること以外のバンドの素性がほとんど明らかにされていなかったこともあって、かなり秘密めいた存在感をまといながら活動してきた。最近は1stフルアルバム『PEOPLE』のリリースもあり、SNSやメディアへの露出も増えて、3人それぞれのキャラクターやバンドの精神性は以前に比べるとかなり見えてきたものの、それでもやはり、「PEOPLE 1とはなんなのか?」という本質的な部分はヴェールに包まれているように思える……が、こうして生でライブを観てみれば、彼らが本来的に非常にプリミティブなパンクバンドであることがわかる。ステージの上にいる彼らは、驚くほどに余計なものを纏っていない。

友達同士の駄弁りのようなゆるいMCを挟み、Itoの「のんびり聴けるゾーン」という言葉に導かれるように、照明が暗くなり、DeuとItoが座り込む。そして、“ライカ”へ。音源では弾き語りだった曲だが、ライブではTakeuchiのドラムの音色の豊かさが、音源とは違った世界の深さを曲にもたらしている。続いて“常夜燈”を披露すると、早くも「のんびり聴けるゾーン」は終了。“フロップニク”、“スラップスティック・ガール”へと、再び狂騒的なパフォーマンスが繰り広げられる。そして、ここで「113号室」のネオンを消し、ツアー各地でダブルアンコールにおいて演奏されてきたという、Itoが客演したWurtSの“リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)”の演奏が始まる。すると……なんとWurtS本人がアーティスト写真と同じ衣装を纏ってステージに登場。そもそも、PEOPLE 1だって今回が5回目のライブだが、この日の時点でまだ初ライブを行っていないWurtSまでステージに現れるという貴重なコラボ。PEOPLE 1とWurtS――今年、多くの話題を振りまき、躍進を果たした2組の共演ということもあり、2021年という1年を象徴する瞬間でもあったように思う(この“リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)”の演奏は、インスタライブでも配信されていたようで、そういうところも「今」という感じがする)。

WurtSがステージを去ると(去り際に、DeuがWurtSに向かって深くお辞儀していたのが印象的だった)、続く曲の演奏前に、Itoがその曲についての想いを語る。「この曲は僕らの大切な曲です。僕もそうなんですけど、わかってもらえなかったり、知らなかったり、できなかったりすると、自分を責めちゃうじゃないですか。でも、それで壊れちゃうと意味がないので。自分を許すということは、未来の自分に託そうぜっていうことなのかなって……そういう意味が、この歌には込められているんじゃないかと僕は勝手に解釈しました」。そして始まったのは、“魔法の歌”。コンポーザーであるDeuが綴る、ときに痛みに満ちた言葉たちも、Itoのボーカリストとしての眼差しはそこに光を見出し、歌にして世界に拡散させていく。

そんな“魔法の歌”に続いて始まったのは、“怪獣”。現状、バンドの代名詞的な1曲と言えるだろうが、どこまでもリアルな心情吐露と受け取れる言葉を、Deuはステージ上をゆらゆら蠢きながら、半ば叫びのように吐き出していく。音源においては完成度の高いポップソングだが、このライブの現場において、“怪獣”はどこまでも生々しく、裸になったようなDeuの姿をあぶり出していた。そして、“113号室”へ。曲のタイトルになった「113号室」とは、Deuがかつて住んでいた部屋番号であり、PEOPLE 1の初期楽曲が制作された場所でもある。前述してきたように、この日のライブでもずっとステージ上では113号室のネオンが光っていたのだが、それだけこの部屋に流れていた空気や時間が、Deuにとって、PEOPLE 1にとって、大切なものなのだろう。演奏が始まる前、Deuがこの曲に込めた想いを語る。

「我々の当初の結成の目標は、大衆音楽を作ることです。なので、最初のEPには『大衆音楽』と名付けたし、『大衆音楽とはなんぞや?』ということをチューニングするように3枚のEPを作ってきました。売るために音楽をやり始めて、マジで見られるようになってきて、『ああ、本当に売れるかもしれない』というところまできた。その途端に、この、ぬるま湯なのか、失意のどん底なのかわからない113号室の生活が非常に輝いて見えてきたんですよね。みんなよく言うことですよね、『あの頃が一番楽しかったな。頑張っていたな』って。『この感覚はどんどん膨らんでいくだろうな』っていう予感があったけど、かといってそれに囚われたくもない。それなら、これを曲に閉じ込めて、いつでも思い出せるようにしようと思った。それで、“113号室”という曲を書きました」

そして、彼はこう続ける。「……過去を愛してください。過去の自分を愛するしかないですから、できることなんて。自分を幸せにできるのは自分だけなので……悲しいけど。自分の頑張った過去も、頑張れなかった過去も。過去の自分を愛してあげてください」。そうして始まった“113号室”。Deuは、<僕はただずっと君とゲームをして勝ったり負けたりしていたいだけなんだけどな>という部分を、マイクを通さずに叫ぶように歌った。それは、痛ましくも祈るような光景だった。そして、Deuの「エゴイスティックな私に、どうかついてきてください」という言葉に続いて始まった本編のラストは、“Outro (Because I Love You)”。静謐なピアノに始まり、ノイズの海へとなだれ込んでいく。Deuのむせび泣くような、何かを告白するような歌も、ノイズの中へと溶けていく。「さらば」と言って、彼は他のメンバーよりも一足先にステージを降りていった。

暗闇の中に「113号室」のネオンが光る中、アンコールを求める拍手が響く。まず、PEOPLE 1の3人がステージに戻り、ゆるくグッズ紹介をすると、その後、未発表曲“大衆音楽”を3人だけで披露。ソリッドでファンキーな曲で、<あの子はラヴソングに夢中 あの子はポップソングに夢中>という歌詞のリフレインが印象的だ。そして、再びサポートの2人を迎え、アンコール2曲目は“ラヴ・ソング”を披露。「ありがとうございました。本当に幸せでした」というItoの言葉と共にステージを降りるメンバーたち。……しかし、これではまだライブは終わらず。なんとダブルアンコールでは、再びWurtSをステージに迎え、WurtSの代表曲「分かってないよ」を全員で披露。まさか記念すべきワンマンライブの最後の最後を正真正銘他人の曲で締めるとは思わなかったが、そういう捻くれたところもPEOPLE 1らしい。「分かってないよ」というひと言もまた、我々聴き手に向けられた、彼ららしいメッセージとしても受け取られるだろう。

総じて、PEOPLE 1にとって大きな変化の年となったであろう2021年の締めとしてふさわしいライブだったと言える。ヴェールを被ってはいるが、なにかを隠そうとすればするほど、裏返って裸の姿が見えてくる――そんな彼らの実直さを強く感じた夜だった。ツアータイトルとなった「ベッドルーム大衆音楽」というアンビバレントな響きのある言葉は、PEOPLE 1というバンドがどこから生まれ、そしてどこへ向かおうとしているのかを示す言葉として掲げられたものなのだろう。この先のPEOPLE 1がどんな道を歩むのかはわからないが、この日、ステージの上で灯り続けた「113号室」のネオンは、過去の記憶を照らす灯火であるだけではなく、この先のバンドの行く末を照らし出すヘッドライトでもあるはずだ。

 

 

▼PEOPLE 1
<ベッドルーム大衆音楽>追加公演

12月20日(月)
東京 Spotify O-EAST

 

1.アイワナビーフリー

2.さよならミュージック

3.東京

4.イマジネーションは尽きない

5.BUTTER COOKIES

6.スクール!!

7.ライカ

8.常夜燈

9.フロップニク

10.スラップスティック・ガール

11.リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)
  *with WurtS

12.魔法の歌

13.怪獣

14.113号室

15.Outro (Because I Love You)

 

En1.大衆音楽 *未発表曲

En2.ラヴ・ソング

 

En3.分かってないよ *with WurtS